2009年07月04日

高取焼について その1

TY0010main.jpg

飴釉薬が掛かった、艶やかな陶肌の湯のみです。(高取焼)

★福岡県地方は、その昔、筑前といいました。その藩主黒田長政が、渡来人の八山に命じて、窯を作らせます。窯を鷹取山に作ったので、高取焼と呼ばれるようになった、と言われています。鷹取山は、福岡県直方市と田川郡福智町の境にある標高633mの山のことです。現在は、福岡市内と、小石原鷹取にて作陶されています。

★高取焼は、釉薬(ゆうやく)の変化による見栄えがきれいで、華やかさにさびを求めた”綺麗さび”の心が見て取れます。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:東峰村
posted by EASCORP at 20:41| Comment(0) | 陶芸 pottery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。