2009年07月19日

小石原焼について その2

KY0008main.jpg

小ぶりなあめ色の湯のみです。飛び鉋(かんな)が一面に施された、しっくりと手に馴染む一品です。(小石原焼)

陶器の素地が乾かないうちに、凹凸の模様を入れることがあります。鉋(かんな)を用いて、轆轤(ろくろ)を回転させながら削り模様をつける手法を、飛び鉋(かんな)といい、小石原焼によく見られます。

櫛(くし)書きとは、櫛のような道具を用いて、刻み線を記していく手法です。これも小石原焼によく見られます。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:東峰村
posted by EASCORP at 09:56| Comment(0) | 陶芸 pottery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。