2009年11月04日

崇福寺

soufuku_temple.jpg


長崎は古くから様々な国との交流を持つ“歴史ある町”。
交流のあった諸外国の中でも、特に中国の文化や歴史に影響された行事が多く、
市内の建物などにも、ところどころに華僑の人々の暮らしの名残りがあります。

今回、数あるお寺の中でも、市内にお寺としては唯一の国宝がある【崇福寺(そうふくじ)】に伺いました。
国宝に制定されているのは、「大雄宝殿」というご本堂と、「第一峰門」という名前の参門なのですが、
崇福寺の顔といえば、この『三門』と呼ばれている門構え。
まるで竜宮城のような朱塗りのフォルムは、地元では「赤寺」とも言い、長崎の唐寺の代表ともいえます。

九州の国宝5つのうち、2つを有する、この崇福寺。
国宝だけではなく、境内のあらゆる建物の細部までじっくり見て頂いても、かなり見ごたえがあります。
長崎へ観光の際には、是非立ち寄られてはいかがでしょうか。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや




ラベル:長崎市
【関連する記事】
posted by EASCORP2 at 22:55| Comment(0) | 寺 temple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。