2010年01月07日

大浦天主堂

oura_tenshudo.jpg


少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年も北部九州の魅力を、非力ではありますが、お伝えしていきたいと思います。
当ブログ、『北部九州の陶芸とぶらり旅』を、どうぞ宜しくお願いいたします。

写真は長崎市内でも有数の観光地、大浦天主堂です。
現存する日本最古のキリスト教建築物で、国宝の中で唯一の洋風建築物だそうです。
場所は、これまた長崎市内では有名観光スポットであるグラバー園入口のそばにあり、
界隈は異国情緒あふれる観光名所として、多くの方が訪れています。

もともと大浦天主堂は、外国人居留地に住む外国人のために建てられた教会でした。
戦国時代から続いていた長い禁教時代を終え、鎖国の終焉を迎えた江戸時代末期の1864年、
フランス人・プチジャン神父によって建立された大浦天主堂。
当時はフランス製のアンティークのステンドグラスも美しく、
物珍しい西洋風の建物を一目見ようと、付近の住民たちがこぞって見物に訪れたそうです。

写真の中央、教会堂のど真ん中に「天主堂」と大きく日本語、しかも漢字で書かれたプレートが、
堂々と刻まれています。外国人のための教会なのになぜだったのでしょう?
これは、ローマ教皇庁が日本での再布教を念願していたため、
できれば日本人信徒を再発見することを望んで刻んだ、
隠れキリシタンへのメッセージだったと言われています。
後の信徒発見からの歴史から、長崎のカトリックの繁栄に繋がっていると考えられています。

当時のステンドグラスは原爆の際に大破し、戦後修復されたものではありますが、
美しい光を堂内に集め、厳かな祈りの空間を創りだしています。
拝観料は大人300円です。
長崎へ観光の際には、その歴史に祈りを捧げてみてはいかがですか?

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや




ラベル:長崎市
posted by EASCORP2 at 23:19| Comment(0) | 教会 Church | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。