2010年04月03日

平和祈念像と浦上天主堂

heiwa_kinenzo.jpg


長崎市の北部、松山町の平和公園内にあるこの像は、
1955年、島原出身の彫刻師、北村西望によって建てられました。
「右手は原爆を示し、左手は平和を、顔は戦争犠牲者の冥福を祈る」という、
作者の言葉が台座の裏に刻まれています。

1945年8月9日に炸裂した原子爆弾によって、街は壊滅的な被害を受け、
7万3千余りの尊い人命が奪われ、また多数の市民が負傷しました。
その後、毎年8月9日は「長崎原爆の日」とし、平和祈念像前の式典広場で
「原爆犠牲者法要ならびに平和祈念式典」が行われています。

また平和公園内には、「長崎原爆資料館」「国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館」などもあり、
原爆の実相を訴えるとともに、真の平和について考えることができます。

urakami_tenshudo.jpg


平和公園から歩いて5分ほどの小高い丘に「浦上天主堂」があります。
ここ浦上地区では、キリスト教の日本伝来からカトリック信者が多く、
江戸幕府のキリスト教禁制下においても「隠れキリシタン」が多く摘発されました。
その後明治維新後禁制が解消された後、1914年3月、大聖堂が権堂され、
1924年にはシンボルである「双塔」が完成しました。
当時としては東洋一の威容を誇る大聖堂でした。

しかし1945年の原爆投下により、爆心地から僅か500mほどの場所にあった浦上天主堂は、
一瞬で破壊され、数本の石柱と僅かなレンガの堂壁を残すのみだったそうです。
後の1959年11月、多くの信者や支援者の功を経て、
現在の浦上天主堂が新築され現在に至り、建物・信徒数とも日本最大のカトリック教会となっています。

また、原爆で残された遺壁は「浦上天主堂遺壁」として、平和公園内に移築されています。
長崎の歴史を語る上で外す事のできない「原爆」と「キリスト教」。
長崎を訪れた際には、是非お立ち寄りになられてはいかがでしょうか。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや




ラベル:長崎市
posted by EASCORP2 at 22:14| Comment(0) | 教会 Church | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。