2012年12月01日

道の駅 吉野ヶ里さざんか千坊館


より大きな地図で 道の駅 吉野ヶ里千坊館 を表示

道の駅 吉野ヶ里千坊館は、福岡方面から行くと、東背振トンネルを抜けて、少し下ったところにあります。

SH3G0264.jpg

道の駅吉野ヶ里千坊館は、福岡市南区から、国道385号をまっすぐに佐賀方面に向かう途中にあります。筑紫耶馬溪、と言われる紅葉の名所を過ぎると、左手に福岡市の水瓶の一つ、南畑ダムが見えてきます。近隣にはキャンプ場などを擁する、グリーンピア那珂川がありますね。。そこから先、坂本峠を越える、いわゆる背振越えは、急カーブの連続で路も狭く、これまで交通の難所でした。しかし、平成18年3月、東背振トンネルが完成し、大変スムーズに通行できるようになりました。

サイズ変換_DSC_0092.JPG

道の駅吉野ヶ里さざんか千坊館です。サザンカ自生北限地帯(国指定天然記念物)が徒歩で3分の所にあrます。

SH3G0058.jpg

東背振トンネルは、有料で片道300円です。道路は快適です。トンネルを抜けてまもなく、左手に道の駅吉野ヶ里が見えてきます。背振の美味しい水が飲めますし、脊振山系の天然水を使った焼きたてのパン屋さんもお勧めです。ここのブルーベリーソフトクリームはお勧めですよ。

SH3G0065.jpg

道の駅は山の中腹にあるので、眺めはとてもよいです。道の駅の中に、国指定天然記念物の千石山サザンカ自生北限地への遊歩道の入り口があり、徒歩5分程度で行くことが出来ます。面積約2.9haに2208本が自生しているそうです。開花時には、一帯は清楚な真綿色の無数の花におおわれ、あたかも雪かと思わせる独特の風情があるそうです。見頃は例年10月末〜11月中旬とのこと、この頃に是非訪ねてみたいです。

SH3G0066.jpg

有名な弥生時代の大規模な集落跡、吉野ヶ里歴史公園までは、更に車で約15分ほどの所にあります。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや






ラベル:佐賀市
posted by EASCORP at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 道の駅 roadside station | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。