2010年11月23日

晩秋の亜熱帯植物園

こんにちは、久しぶりに亜熱帯植物園を訪ねてみました。
訪れた11月14日は花の移行期ではありましたが、
それでも様々な花が見られるのが亜熱帯植物園の魅力です。
anettai.jpg


まずビジターセンターで迎えてくれたのが
2色の「長崎チョコモス」と呼ばれるチョコレート色のコスモス。
こちらはショコラ わずかにカカオの香りのする新品種とのことです。
choko1.jpg


続いてルージュ
こちらでしか鑑賞することのできない貴重な品種です。
どちらもハッとするような美しいチョコレート色の花に、思わず目を奪われてしまいます。
choko2.jpg


その他、園内で目についた植物達を簡単にご紹介
トックリキワタ
tokkuri_kiwata.jpg

ブラジル〜アルゼンチン原産の樹木で、
幹の中央がトックリのようにプックリと膨れるのが特長です。
ピンク・黄色・白など、個体によっては様々な色の花が咲くのも見所です。

ryuuzeturan.jpg

50年に一度しか花をつけないことで有名なリュウゼツランですが、
今年は18も花をつけたと通りがかりのガイドさんが教えてくれました。
花のあと枯れてしまいますが、小苗もたくさん育っているので安心です。
ガイドさんが園内を歩かれており、気軽に声をかけてくださるので、
花の詳しい事を聞きたいときも安心です。

大温室の中はいつでも花でいっぱい
daionshitu.jpg

dai_onshitsu_hana.jpg


フラワーガーデン温室では、カトレア等の洋蘭が所狭しと並んでいます。
1月から長崎シリーズと原種蘭展が開かれます。蘭マニアの方必見です。
flower_onshitsu.jpg


亜熱帯植物園は天草灘を望む斜面地に作られており、抜群のオーシャンビューも魅力です。
anettai2.jpg


ゆっくりと花を観賞しながら斜面地を降りて行き、
帰りは30分に1本走っている無料の園内バスに乗って、
楽々ゲートまで戻ることも可能です。
enaibus.jpg


とにかくいつ訪れても花でいっぱいで、今回ご紹介できたのもほんのほんの一部です。
12月からは長崎県オリジナルカーネーション展示会も開かれますので、
長崎観光のおりには是非、亜熱帯植物園まで足をお運びください。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや




ラベル:長崎市
posted by EASCORP2 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園、植物園、水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。