2012年07月09日

西海橋

サイズ変換_P1050198.JPG

西海橋は、昭和30年につくられた長崎県佐世保市の針尾島と西海市の間にある針尾瀬戸にかかる、上路式鋼ブレースドリブ固定アーチ橋です。国道202号の一部を構成します。建設当時は東洋一といわれました。

サイズ変換_P1050199.JPG

美しいアーチ橋は、見ていても飽きません。赤いカラーが、濃紺の針尾瀬戸の急流に映えます。

サイズ変換_P1050206.JPG

西海橋は、人も歩いて渡れます。

サイズ変換_P1050202.JPG

こちらは、西海橋とほぼ平行して架かる、新西海橋。長崎県佐世保市の針尾島と西海市との間にある針尾瀬戸に架かっています。2006年3月5日に開通した、比較的新しい橋です。

サイズ変換_P1050203.JPG

西海パールライン有料道路の一部を構成します。

サイズ変換_P1050229.JPG

新西海橋の歩道入り口です。

サイズ変換_P1050231.JPG

間近で見る新西海橋。

サイズ変換_P1050232.JPG

西海橋と、西海橋コラソンホテル、それに、潮の流れの速い針尾瀬戸です。

サイズ変換_P1050233.JPG

なんと!歩道は橋の真下に作られています。

サイズ変換_P1050234.JPG

歩道はしっかり整備されており、安心して渡れます。

サイズ変換_P1050237.JPG

歩道から見下ろす針尾瀬戸。潮の流れが速いのがよくわかります。

サイズ変換_P1050239.JPG

新西海橋を歩いていると、遠くに見える、3本の高い鉄塔?あれは何?

サイズ変換_P1050240.JPG

写真ではわかりづらいですが、正三角形に配置されているそうです。

サイズ変換_P1050215.JPG

あれは、針尾送信所。1922年、旧海軍によって立てられた、長波を送信する電波塔です。高さは136m。何より有名なのは、太平洋戦争の口火を切った、”ニイタカヤマノボレ-208”は、この送信所から送信された、と言われているのです。

サイズ変換_P1050217.JPG

今も取り壊されることなく、立っています。

サイズ変換_P1050205.JPG

右手が西海橋、左手が新西海橋です。

サイズ変換_P1050222.JPG

針尾瀬戸から内海に入った大村湾は、本当にのどかな海です。

サイズ変換_P1050220.JPG

ふと立ち寄った、大村湾沿いのバス停です。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート





ラベル:西海市
posted by EASCORP at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。