2012年07月18日

田川伊田駅

サイズ変換_P1050475.JPG

田川市の中心駅の一つ、田川伊田駅です。昭和18年、伊田町と後藤寺町が合併して田川市となり、田川伊田駅、田川後藤寺駅がそれぞれあります。白い鉄筋コンクリート3階建ての伊田駅ビルは、平成2年築。以前は、レストランやら塾やらが入っていましたが、現在は寂しくなっています。

サイズ変換_P1050533.JPG

駅で一番目立つのは、タクシーでした。伊田と後藤寺は、田川市の中心となる駅で、交通の要衝。ですが、バス便は不便で、タクシーの利用者が多いのでしょう。

サイズ変換_P1050523.JPG

駅構内をくぐる地下道。ここを抜けると、田川市立石炭資料館へ行くことが出来ます。

サイズ変換_P1050525.JPG

小倉方面から入構した日田彦山線の列車です。

サイズ変換_P1050526.JPG

日田彦山線は、3番、4番線です。ちなみに、1番、2番線は、平成筑豊鉄道が使用します。

サイズ変換_P1050529.JPG

田川伊田の行き先案内板。

サイズ変換_P1050530.JPG

右手に見えるのが、平成筑豊鉄道のホームです。

サイズ変換_P1050528.JPG

彦山、夜明方面へ出発を待つ列車です。

JR日田彦山線ー福岡県北九州市城野と大分県日田市夜明を結ぶ全長75.6kmの非電化単線のローカル線です。JR日田彦山線は、平尾台や筑豊地域で産出される石灰石や石炭を運ぶために敷設された九州炭鉱の歴史を示す貴重な路線ですが、近年ではマイカーの普及や少子化等の影響により利用者数が減少しています。

ー呼野ー採銅所ー香春ー一本松ー田川伊田田川後藤寺池尻豊前川崎西添田添田

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート




ラベル:田川市
posted by EASCORP at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日田彦山線 Hita-Hikosan line | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。