2013年09月01日

いのちのたび博物館


より大きな地図で いのちのたび博物館 を表示

北九州市立いのちのたび博物館です。

7DSC_0074.JPG

スペースワールドのすぐ近くにあります。

7DSC_0073.JPG

早くも入館者400万人達成。今、大人気の博物館です。

7DSC_0035.JPG

実物大の恐竜の骨格標本が、これでもか、と並んでいます。

7DSC_0037.JPG

一番の迫力は、やはり、ティラノサウルス、でしょうか。

7DSC_0043.JPG

間近で見ると、ちょっと怖いです。

7DSC_0041.JPG

奥の方には、首長竜の標本もありますね。。

7DSC_0048.JPG

そばによると、改めて恐竜の大きさが実感できます。

7DSC_0052.JPG

時代が下がってきて、マンモスの骨格標本です。

7DSC_0055.JPG

いのちのたび博物館、2階から眺めています。中でも人気なのは、中生代・白亜紀の北九州を再現した360度体感型のジオラマ、エンバイラマ館です。マメンチサウルスやディロングなどリアルに動く恐竜ロボットや植物、昆虫、小動物が展示してあり、ある一夜の様子を環境照明や映像で演出しています。是非訪れて見て下さい。

7DSC_0063.JPG

時代は下って、小倉藩、城下町の様子です。

7DSC_0064.JPG

日本で初めて、ユネスコから世界記憶遺産の登録を受けた、炭鉱画家、山本作兵衛の絵も展示してありました。

7DSC_0065.JPG

筑豊炭田を中心として、北部九州には、炭鉱の名残が数多くあります。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート


posted by EASCORP at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園、植物園、水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。