2012年03月17日

耶馬溪橋



より大きな地図で 耶馬溪橋 を表示

青の洞門近くにある、山国川にかかる眼鏡橋、耶馬溪橋です。

サイズ変換_P1040132.JPG

耶馬溪橋は、青の洞門の近くにある眼鏡橋です。一級河川”山国川”に架かっています。長崎市の眼鏡橋が有名ですが、この橋も、長崎県に多い石積方式の橋であるために、別名、オランダ橋ともいいます。大正9年から12年にかけて作られました。

サイズ変換_P1040128.JPG

きれいに石積された橋です。現在我が国にこれほど大規模な石橋はなく、8連、橋長116mは、共に日本一です。

サイズ変換_P1040130.JPG

昭和19年の洪水で損傷し、コンクリートで復旧したそうです。が、ひび割れなどが生じたため、平成10年〜11年にかけて、当時の写真を元に補強修復されました。

サイズ変換_P1040133.JPG

耶馬溪橋は、現在も山国川に架かる生活道路として、普通に利用されています。自動車も走っています。

サイズ変換_P1040134.JPG

青の洞門まで300m。羅漢寺まで3.4kmです。

サイズ変換_P1040138.JPG

橋の周囲には遊歩道が整備され、清流山国川の畔まで降りていけるようになっています。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート




posted by EASCORP at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

眼鏡橋

megane-bashi2.jpg


今回は長崎市を流れる中島川に掛かる、『めがね橋』を散策してきました。

長崎といえば、ちゃんぽん、カステラ、グラバー園に並ぶ名の通ったのめがね橋。
実は中島川には十数基の石橋が群をなして架かっており、めがね橋はその中の1基に過ぎません。

しかしながらその2連のアーチが川面に映って、めがねのように見えることから名付けられたように、
他の石橋とは形が全く異なっていますので、一目でめがね橋とわかります。

わが国最古の石造りアーチ橋で、寛永11年(1634)興福寺・唐僧黙子禅師によって架設されためがね橋。
何度か水害に見舞われましたが、破損・修復を繰り返しながら現在に至っています。

江戸の日本橋、岩国の錦帯橋とともに日本三橋の一つといわれています。
あまり知られていませんが、皇居・二重橋のモデルでもあるそうです。
私も知らなかったです(^_^;)

近年、中島川の護岸整備がなされ、川面近くに遊歩道が整備されました。
その際川岸の石組みに、ハートの形の石が埋め込まれました。
それも1個ではなく、「紛れもないハート形」から「見ようによってはハートに見える」形まで、
十数個あるとかないとか。
実はこの日もカメラを片手に何人かの方々がハートの石を探しに来られていました。
グラバー園にも数箇所あると言われるハートの石。
この石が縁結びや願いがかなう石になればいいのですが・・・★

“その石に触れて願い事をすれば恋が叶う”とも噂されているハートストーン。
バレンタインを前に、ハートストーンを見つける旅もオススメですよ♪

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:長崎市
posted by EASCORP2 at 23:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。