2012年10月07日

池尻駅

サイズ変換_P1050450.JPG

駅舎、というよりは待合所、というのが適当であるような、小さな駅、池尻駅です。

サイズ変換_P1050452.JPG

正面から見た池尻駅です。ここも昔、石炭の積み出しで賑わった駅だそうです。

サイズ変換_P1050453.JPG

田川後藤寺方面です。

サイズ変換_P1050456.JPG

池尻駅の駅名表示板です。

JR日田彦山線ー福岡県北九州市城野と大分県日田市夜明を結ぶ全長75.6kmの非電化単線のローカル線です。JR日田彦山線は、平尾台や筑豊地域で産出される石灰石や石炭を運ぶために敷設された九州炭鉱の歴史を示す貴重な路線ですが、近年ではマイカーの普及や少子化等の影響により利用者数が減少しています。

ー香春ー一本松ー田川伊田田川後藤寺池尻豊前川崎西添田添田歓遊舎ひこさん豊前桝田

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート


ラベル:川崎町
posted by EASCORP at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日田彦山線 Hita-Hikosan line | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豊前川崎駅

サイズ変換_P1050459.JPG

田川郡川崎町にある、豊前川崎駅です。昔は、ここを起点とした上山田線の分岐駅でした。上山田線が豊前川崎まで延長開業したのは、昭和41年。廃止されたのは、昭和63年でした。

サイズ変換_P1050460.JPG

豊前川崎駅の案内板です。田川郡川崎町は、かつて炭鉱で栄え、全国の所得番付ベスト10に、この町から3人入ったこともあるそうです(いずれも炭鉱主)。

サイズ変換_P1050461.JPG

駅の北側には、車道が鉄路をまたぐ立体橋がありました。

サイズ変換_P1050468.JPG

立体橋をくぐって、気動車が入ってきました。日田彦山線を南下する列車は、概ね、添田行きか、日田行きです。

サイズ変換_P1050469.JPG

日田彦山線の列車は、この白色の気動車が多いですね。

サイズ変換_P1050472.JPG

気動車は、西添田方面へ出発していきました。

JR日田彦山線ー福岡県北九州市城野と大分県日田市夜明を結ぶ全長75.6kmの非電化単線のローカル線です。JR日田彦山線は、平尾台や筑豊地域で産出される石灰石や石炭を運ぶために敷設された九州炭鉱の歴史を示す貴重な路線ですが、近年ではマイカーの普及や少子化等の影響により利用者数が減少しています。

ー一本松ー田川伊田田川後藤寺池尻豊前川崎西添田添田歓遊舎ひこさん豊前桝田彦山

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート


ラベル:川崎町
posted by EASCORP at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日田彦山線 Hita-Hikosan line | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。