2010年10月08日

国際観光船ダイヤモンドプリンセス(長崎港)

diamond1.jpg

10月7日、長崎市内の松が枝岸壁に大型観光船「ダイヤモンドプリンセス」が入港しました。この客船はイギリスの船舶会社所有ですが、2004年にここ長崎の三菱重工業長崎造船所で建造されたもので、いわば故郷への里帰りといった感じです。

diamond2.jpg

全長290m、総トン数115,875tというその巨体は、間近で見ても遠くから見ても圧巻です。付近の建物からその大きさがわかると思います。狭い長崎港内での転回も大変そうです。

diamond3.jpg

この日は奥の出島岸壁にも、日本の観光船「ぱしふぃっくびいなす」が寄航していました。
両船からの観光客と、折りしもこの日から始まった長崎のお祭り「長崎くんち」と重なり、長崎の街は大変な賑わいを見せていました。
長崎港には年間約50隻ほどの観光船が入港します。普段の生活ではなかなかお目にかかれない巨大な船を是非間近で見て頂けたらと思います。
★客船入港日程
http://cgi.mizubenomori.jp/kyakusen.php


巨大観光船ダイヤモンドプリンセスは当日夕方6時に、大きな汽笛と共に故郷長崎を出航しました。
次回は11月16日に入港予定です。長崎くんちは10月9日まで行なわれますので、週末ぜひ長崎へ足をお運び頂けたらと思います。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや




ラベル:長崎市
posted by EASCORP2 at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 港、船 harbor ship | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

雨上がりの別府湾

beppu_wan.jpg


写真は大分マリーンパレスうみたまごの敷地内から撮影した別府湾です。

この日、朝から降り続いていた雨が、夕方にあがり、
まだ厚い雨雲の隙間から、切れ間が見えてきていました。
雨上がりの水蒸気なのか、別府の温泉の湯気なのか、
何とも幻想的な風景を撮影することができました。

残念ながらこの日、山頂は雲に覆われて拝めませんでしたが、
別府の街を見守るように屹立している鶴見岳は、ロープウェイで気軽に登ることができます。
晴れた日には四国を望むこともできるんだとか。

また、鶴見岳近隣には、別府の温泉街はもちろん、
日本初の木製コースターがあり、絶叫アトラクションを楽しむことができるセントレジャー城島高原パークや、
創立80周年を迎えた、どこか懐かしい雰囲気漂う遊園地、ワンダーラクテンチなどもあります。
山の反対側に足を伸ばせば、有名な湯布院温泉があり、
やまなみハイウェイをドライブしながら、九重方面に抜けることもできます。

別府市街は大分自動車道のICからも近いため、車でのアクセスが便利です。
この冬、別府の温泉でほっこり、のんびり週末を楽しまれてはいかがでしょうか。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:別府市
posted by EASCORP2 at 00:08| Comment(0) | 港、船 harbor ship | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。