2010年12月05日

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)

usuki sekibutsu.jpg


こんにちは。
今回は大分県臼杵(うすき)市にある、「国宝 臼杵石仏」をご紹介いたします。

正式名称は「臼杵磨崖仏」といいます。
「磨崖仏(まがいぶつ)」とは、自然の大きな石や崖などに仏像などを浮き彫りさせたもので、
アジアの仏教圏には広く存在しています。
ここ、臼杵の石仏は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて
彫刻されたものといわれています。
しかし、長年の風雨にさらされることで削り取られ、
体の部分や仏頭の多くがはがれ落ちてしまったそうです。

今回写真でご紹介している、「大日如来像」は、石仏群の代表格です。
永い間、落ちた頭部が仏体の前面に置かれており、
頭部のみの写真を書籍や絵葉書などで
ご覧になった記憶がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
(現在も当時の写真が、如来像の脇に展示してあります)

現在では昭和中期〜平成に行われた修復作業により、
仏体の上に頭部が据え置かれ、見事な一体の磨崖仏としてよみがえりました。

1994年(平成6年)に臼杵石仏群すべての修復作業が完了し、
その後、4群60余体にも及ぶ石仏群は、その数量、彫刻の質の高さから、
磨崖仏としては全国初の国宝の指定を受けました。

近年の仏像ブームで、密やかにスポットが当たっている石仏ですが、
ここ、大分県には全国の磨崖仏の8割近くが集中しているのだそうです。
今昔ロマン溢れる臼杵へ、いにしえの歴史と自然に触れる旅はいかがでしょうか。
当地は東九州自動車道、臼杵インターチェンジよりほど近く、
大分方面からの交通アクセスも良好です。




ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:臼杵市
posted by EASCORP2 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 shrine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。