2010年05月23日

長崎県亜熱帯植物園

anettai_gbotanic garden_1.jpg

今回は長崎県亜熱帯植物園にお邪魔してきました。
長崎半島の最西南端に位置する野母崎エリアにあり、
長崎市内から車で約40分かかりますが、その道のりは、海沿いの絶景のロケーション。
ミドルドライブの疲れも程ほどに、植物園自慢の花々をご紹介します。

nagasaki_lavender.jpg

長崎ラベンダー
長崎県立大村城南高校で、先生と生徒が一緒になって育て上げた
長崎オリジナルのイングリッシュラベンダーです。
キリンビールが開発したスポットライトと呼ばれるワイヤープランツに彩られ展示してあります。
また屋外でも各地で花を見ることが出来ます。

gladiolus.jpg

グラジオラスピュアベール
南アフリカ原産のアヤメ科の植物で、ビジターセンターの脇の他、
園内各地で淡いピンクの花をたくさん咲かせています。

pink_dandelion.jpg

モモイロタンポポ
西洋ではサラダ菜として食用にもされるタンポポで、
群生するとあたり一面が柔らかいピンクの絨毯に包まれます。
園内では数箇所に群生地が設けられ、特に、大温室からビジターセンターを向いた方面では
ペチュニアと共に競い会う様に群生しています。

Jade vine.jpg

ジェードバイン
当植物園の現在の見所のひとつ、ジェードバインは、
ハっとするようなひすい色の美しい花を咲かせており、6月いっぱいまで花を楽しむことが出来ます。

Muntingia calabura.jpg

ナンヨウザクラ
年中花を付けます。触るとすぐ花が落ちてしまうので注意が必要です。

Musella lasiocarpa.jpg

チユウキンレンカ
世界で最も長い花期です。

Euphorbia milii.jpg

ハナキリン
イエスキリストが十字架にかけられるときに冠としてかぶっていたことで有名な花です。


当園では原種の栽培に力をいれており、特に洋蘭など、品種改良が進んだ世界の中で
多くの原種を見ることが出来ます。

また、5月22日よりながさき紫陽花まつりが始まりました。
当園も会場のひとつとなり、アジサイにまつわる展示会を開催しており、
園内ところ狭しと、非常にたくさんのアジサイを見ることが出来ます。
長崎観光の一環として皆様是非お越し下さい。

もちろん、今回ご紹介し切れなかった植物もたくさんあります。
今後も時折亜熱帯植物園の花々を紹介していきたいと思います。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや




ラベル:長崎市
posted by EASCORP2 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物園、植物園、水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

umitamago.jpg

大分市と別府市の境、野生のニホンザルで有名な高崎山のふもとにある水族館です。
館内中央には豊後水道をそのまま移したような、大きな回遊水槽もありますが、
うみたまごの楽しさはやはり『海獣』たち。
昼間はイルカやセイウチのショーが楽しめ、
土日の朝一番に行けば、バックヤードツアーも申し込めるそうです♪
私たちが伺ったのが夕方からでしたので、ショーは終わっていましたが、
ボールで遊ぶイルカや、のんびりと寛ぐトドを見ることが出来、とても癒されました。

建物の規模こそ国内有名水族館に比べればコンパクトですが、
お子様連れでもカップルでもお年寄りでも、十分に楽しめる水族館だと思います。

当日であれば再入館もOKで、土日祝は夜間営業(PM9:00まで)もされていますので、
午前中にショーなどを楽しんだあと、大分市内や別府市内を観光して、
再度夜のうみたまごを満喫する、というプランもオススメです!!

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:別府市
posted by EASCORP2 at 19:08| Comment(0) | 動物園、植物園、水族館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。