2012年06月10日

青木繁旧居

サイズ変換_P1050095.JPG

青木繁は、1882年、久留米市荘島町生まれ。重要文化財海の幸、わだつみのいろこの宮、などの鮮烈な作品を世に残して、わずか28歳でこの世を去りました。その青木繁が、多感な少年時代を過ごし、類い希な芸術の才能を育んだふるさとの家が、青木繁旧居として復元整備されました。

サイズ変換_P1050108.JPG

これは、九州新幹線久留米駅の駅前広場に飾られている、重要文化財海の幸のレプリカです。

サイズ変換_P1050092.JPG

青木繁旧居は、九州新幹線久留米駅に近い、荘島町にあります。駐車場も整備されています。駐車場から歩いて1,2分で着くことが出来ます。

サイズ変換_P1050094.JPG

この赤いのぼりの立っているお宅が、青木繁旧居です。

サイズ変換_P1050098.JPG

ごく普通のお宅です。庭木が綺麗に剪定されていました。

サイズ変換_P1050096.JPG

中を見学することも出来ます。入館料は無料です。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート


ラベル:久留米市
posted by EASCORP at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 邸宅 a residence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

神尾家住宅


より大きな地図で 神尾家住宅 を表示

国指定重要文化財、神尾家住宅です。

サイズ変換_P1040299.JPG

神尾家住宅は、大分県中津市山国町にあります。明和8年(1771年)築。九州で最も古い民家とされています。個人の財産ですので、内部見学には許可が必要です。

サイズ変換_P1040301.JPG

もはや、わらぶき屋根を見ることはほとんどありませんが、大変立派な屋根ですね。

サイズ変換_P1040304.JPG

神尾家住宅の全景です。一昔前まで、田舎に行くとまだ、わらぶき屋根の家を見かけたものですが。。所有者の方が近くに住んでおられて、大変綺麗に維持されておられます。

サイズ変換_P1040302.JPG

住宅のすぐ上は、急峻な坂道になっていて、その奥には砂防ダムが見えます。

サイズ変換_P1040303.JPG

神尾家は、江戸時代、組頭を務めていた旧家です。この神尾家住宅は昭和55年、現在の形に修復されました。先に述べたように、年代のはっきりしているものとしては、九州で最も古い民家です。棟が3度折れ曲がった、寄棟造り茅葺きで、内部は土間と床上部からなります。江戸時代の本格木造建築です。当時の生活を知る上で、貴重な民家といえるでしょう。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート


ラベル:中津市
posted by EASCORP at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 邸宅 a residence | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。