2010年02月11日

風頭公園

kazagashira.jpg


先回の亀山社中・ぶーつ像に続き、
NHK大河ドラマ「龍馬伝」で注目の、坂本龍馬つながりということで、
龍馬の銅像がある、長崎市 風頭公園へ行ってきました。

亀山社中跡から、長崎ならではの坂(階段)が続く道を登ること約15分。
風頭山の山頂にある、風頭公園に着きました。
標高151.9mと決して高くはありませんが、
長崎市中心部は港を中心として、三方を山で囲まれたすり鉢状の地形になっているため、
展望台からは長崎港や長崎市街のパノラマ風景を見渡すことが出来ます。

展望台の中心には、1989年に建てられた、力感みなぎる坂本龍馬の銅像があります。
大きさは3メートルほどあり、表情も逞しく、視線の先は絶景のパノラマ。
龍馬もきっと見たであろうこの景色を眺めてみてはいかがでしょうか。

また、風頭公園には上野彦馬の墓があります。
長崎ではとても高名なお方ですが、龍馬と関連が不明でしたので調べてみると、
長崎出身の日本最初期プロカメラマンで、かの有名な、右手を懐中に入れている龍馬の写真は、
長崎の上野彦馬氏の写真館で撮影されたもの、だそうです。
写真館の場所も風頭山のふもとの中島川沿い。亀山社中からも近かったでしょう。
若き日の幕末志士たちの写真を数多く撮影していた上野氏。
ここ、風頭公園には龍馬ファンはもちろん、多くの歴史ファンが訪れているのも納得です。

春には公園いっぱいに桜が咲き乱れ、市内でも有名なお花見スポットとしても有名です。
また、晴れた日には長崎名物である「ハタ揚げ」も行われています。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:長崎市
posted by EASCORP2 at 23:26| Comment(0) | 公園 Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

小石原 『ふれあい広場 つづみの里』

tsuzumi.jpg

大分道杷木ICから山の手を上がって約9キロ、
日田方面からの国道211号線を左折するとまもなく旧小石原村の入口に差し掛かります。

小石原には約50件の窯元が立ち並ぶ陶の産地ですが、
その一番手前に見えてくるのがこちらの「ふれあい広場 つづみの里」さんです。
こちらの建物は廃校になった小学校校舎を利用して建設された施設だそうで、
横長の建物の中には、新鮮な季節の野菜や加工品が並ぶ農産物直売所や、
旬の素材たっぷりの素朴な「だご汁」が味わえる食堂などがあります。

中でも注目は小石原焼の展示場。
東峰村鼓地区(旧小石原村南部)の9件の窯元の作品が展示販売されています。
ぬくもり豊かな生活の器である小石原焼を手にとってご覧いただけます。
また窯元の方の指導による陶芸体験もできるそうです。
小石原を訪れた記念に、是非挑戦されてみてはかがでしょうか。

私たちがお伺いした日には、福岡県内外のいろんなナンバーの車が停まり、たくさんの方々で賑わっていました。


ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:東峰村
posted by EASCORP2 at 19:39| Comment(0) | 公園 Park | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。