2009年10月28日

九重連山・飯田高原 長者原

chohjabaru.jpg


長者原(ちょうじゃばる)は九重連山、飯田高原の中心地区の地名です。
ここから九州本土一の高さを誇る、1700m級の山々が連なる雄大な姿を望むことができます。

写真左が三俣山、中央の噴煙を上げているのが硫黄山、右は星生山です。
正面に見える草地は『タデ原湿原』と呼ばれ、
貴重な野草がたくさん咲き乱れ、観光客を楽しませます。

長者原へのルートは、湯布院から阿蘇に抜ける、『やまなみハイウェイ』がオススメです。
広大な草湿原が左右に広がる好景観のドライブコースです。
また、ところどころに温泉もあるので、
九重連山の大パノラマを眺めながら、高原の美味しい空気で深呼吸して、
ゆったりと温泉で疲れを癒す、という旅はいかがでしょうか。

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや


ラベル:九重町
posted by EASCORP2 at 23:11| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。