2012年01月06日

道の駅 わぎえの里香春


より大きな地図で 道の駅 香春 を表示

道の駅 わぎえの里香春

サイズ変換_SH3G1145.jpg

道の駅シリーズ、今回は、わぎえの里香春です。

サイズ変換_SH3G1138.jpg

平成21年10月にオープンした、比較的新しい道の駅です。施設内にコンビニエンスストアファミリーマートがあるのも、斬新です。わぎえ、とは我が家(わがいえ)が、音変化したもの、と言われています。

サイズ変換_SH3G1144.jpg

香春町は、東にみやこ町、北に北九州市、西に田川市、と接しています。東西に国道201号が走っています。道の駅香春は、行橋方面からくれば、新仲哀トンネルを抜けてまもなく、左手にあります。

サイズ変換_SH3G1146.jpg

もちろん、地元の名産品も売っております。さて、仲哀峠は行橋市と田川市の中間に位置する峠で、京築地域と筑豊地方を結ぶ交通の要所でした。ここを貫く仲哀トンネルは、2007年に、現在の3代目トンネルが開通しました。

サイズ変換_SH3G1141.jpg

香春、といえば、異形の山、香春岳、でしょう。道の駅香春にも、香春岳について展示スペースがあります。こちらは、石灰石の採掘がはじまった、昭和10年頃の香春岳。

サイズ変換_SH3G1155.jpg

現在の香春岳。山頂から大きく削り取られていることがおわかりでしょうか?

サイズ変換_SH3G1156.jpg

香春岳から工場に伸びる、石灰石運搬路です。

サイズ変換_SH3G1150.jpg

尚、道の駅のすぐ前に、上場企業、筑豊ラーメン山小屋、の発祥の地があります。

サイズ変換_SH3G1151.jpg

現在も営業中です。




ラベル:香春町
posted by EASCORP at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 道の駅 roadside station | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

道の駅 豊前おこしかけ


より大きな地図で 豊前おこしかけ を表示

道の駅 豊前おこしかけ

サイズ変換_SH3G1117.jpg

開店前なので、なんとなく雑然としておりますが、ここが道の駅 豊前おこしかけ、です。豊前市は、福岡県の東部にあり、行橋市と中津市のほぼ中間に位置します。中津とのつながりが深いのが特徴で、中津市へ通勤している人も多いそうです。市域南部には求菩提山や犬ヶ岳などの山々が属する筑紫山地が連なり、自然が豊かで、この周辺では湧き水が湧いている所も多いそうです。特に「畑冷泉(はたのれいせん)」は、福岡県内でも有名な名水の一つです。

サイズ変換_SH3G1118.jpg

高い天井で、開放感があります。ところで、おこしかけ、という言葉の由来ですが。。

サイズ変換_SH3G1119.jpg

こちらに書いてある通りです。昔、神功皇后が、豊前路巡幸の折に、その地にあった石に腰を下ろしてしばしの休息をとったので、”おこしかけ”の名前が残ったそうです。神功皇后は、宇佐神宮の祭神です。

サイズ変換_SH3G1116.jpg

ちょっと見えにくいですが、豊前市の観光案内図です。修験道のメッカだった、求菩提山に興味があります。

サイズ変換_SH3G1106.jpg

豊前市の玄関口、日豊本線宇島(うのしま)駅です。


ラベル:豊前市
posted by EASCORP at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 道の駅 roadside station | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。