2013年08月31日

出水駅 Izumi station


より大きな地図で  
出水駅 を表示

九州新幹線出水駅です。新幹線駅と、肥薩オレンジ鉄道の駅が併設しています。

サイズ変換_SH3G2482.jpg

九州新幹線出水駅です。

サイズ変換_SH3G2484.jpg

武家屋敷調の駅前広場です。

サイズ変換_SH3G2481.jpg

出水には、薩摩藩の外城があったのです。

サイズ変換_SH3G2479.jpg

駅前広場には、こんな門構えもありました。

サイズ変換_SH3G2487.jpg

武家屋敷の隣になぜか鶴が??

サイズ変換_SH3G2476.jpg

出水は、毎年10月中旬頃から翌3月頃にかけて約1万羽のツルが越冬することで知られる場所なのです。

サイズ変換_SH3G2478.jpg

出水駅構内にある、観光案内所"飛来里"。朝早かったので、閉まっています。

6DSC_0003.JPG

別の日は、開いていました。観光案内所"飛来里"は、案内所だけではなく、食事処、お土産品販売、なども併設されています。

6DSC_0006.JPG

出水駅コンコース広場です。

6DSC_0005.JPG

出水駅西口です。地上の鉄路は、肥薩オレンジ鉄道です。

サイズ変換_SH3G2502.jpg

出水駅の駅名表示板です。

サイズ変換_SH3G2509.jpg

出水駅に入構するN700系新幹線さくら号です。

九州新幹線

博多新鳥栖久留米筑後船小屋新大牟田新玉名熊本新八代新水俣出水川内鹿児島中央

ぬくもりのある器のセレクトショップ 咲くらや

福岡市博多区の安い賃貸アパート、福岡市南区の築浅賃貸アパート

北九州市"ひびきの学研都市"近のお得な賃貸アパート


ラベル:その他

2013年08月18日

秋月城跡


より大きな地図で 秋月城跡 を表示

福岡県朝倉市の秋月城跡です。

5DSC_0014.JPG

江戸幕府体制成立以前より育っていたイヌマキの木です。

6DSC_0016.JPG

この木です。秋月城下町に至る道しるべとなっていたそうです。

6DSC_0019.JPG

甘木観光バスー秋月バス停です。昭和の雰囲気漂うバス停ですね。

6DSC_0020.JPG

菖蒲の花が咲いていました。

6DSC_0021.JPG

藤棚の藤の花も綺麗でした

6DSC_0024.JPG

清流が涼しげです。

6DSC_0027.JPG

秋月美術館です。

6DSC_0029.JPG

秋月のメインストリート。春は桜の花で、大賑わいとなります。

6DSC_0030.JPG

藩士、戸羽平九郎屋敷。茅葺きの屋根が、往時を偲ばせます。

6DSC_0034.JPG

秋月美術館横の藤棚。秋月美術館は、土居コレクションが展示されており、東山魁夷、横山大観、など名だたる画家の作品も展示されています。

6DSC_0038.JPG

武士の町秋月です。当然、武芸が奨励されていました。

6DSC_0040.JPG

稽古館跡が、美術館になっていました。

6DSC_0042.JPG

また、秋月のメインストリートです。江戸時代とあんまり変わっていないのでしょう。

6DSC_0045.JPG

カラフルな傘が売ってありました。

6DSC_0046.JPG

左が秋月城跡、そしてお堀です。

6DSC_0052.JPG

秋月城の正門に至った、瓦坂です。

6DSC_0055.JPG

秋月の由来が書いてあります。 秋月という地名は、940年代、この地が筥崎八幡宮の荘園となった時に、秋月荘と名付けられたからの様である。山に囲繞されたこの盆地は、外敵の侵入を防ぐには便利な土地である。従って、昔から覇権を狙う者は根拠地とした。遠くは神功皇后が古処山に拠った羽白熊鷲を討たれた(羽白熊鷲については、大己貴神社をご参照下さい)。下っては、鎌倉幕府の二代将軍源頼家が、原田種雄に1203年秋月荘を贈ったので、種雄は秋月氏と称し、古処山城を中核に覇を張り、16代385年間、天正15年の豊臣秀吉の九州征伐まで盛衰の歴史を繰り返した。ここの地名は別に梅園という。黒田長政の死後、その三男長興が五万石貰って分封され、秋月藩主となった。時元和九年の事である。以来廃藩置県まで12代246年間、黒田氏はここの館に住んでいたのである。。

6DSC_0057.JPG

秋月城長屋門です。

6DSC_0056.JPG

こちらが、長屋門です。

6DSC_0059.JPG

門を抜けると、秋月中学校がありました。

6DSC_0061.JPG

こちらが、黒門です。

6DSC_0083.JPG

秋月橋です。

6DSC_0084.JPG

作成中


ラベル:朝倉市
posted by EASCORP at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。